HOME > プロジェクト > 地域通貨 > move

Loading
 

Multi Open Value Exchange System
(Value Exchange System that is Open to the Multidirectional)


move

7. 商店の方へ

商店などがmoveを取り入れて社会貢献をしたい場合、
たとえば、こんなことが考えられます。

商店はまずmoveを受け入れてくれるNPO団体に新発券のmoveを寄付します。
その際に広告欄にお店の宣伝を書いたり何moveで何と交換できるかなどを書くことが出来ます。
たとえば、「たまご1個、1move既発券 10個/月まで」
「米1kg 500円+5move 10kg/月まで」などmoveで変えられるものと月に変えられる数量を制限することも出来ます。
ですから既発券でも受け入れることができます。
こうして、お店にたまったmoveは、店主個人が使ったり他のお店で使うことも出来ますが、
NPO団体に寄付することが出来ます。
お店がmoveで割り引いた額が寄付されたのと同等となります。
商店としては、社会貢献した人のmoveを受け入れることで貢献者の一員となることができるわけです。

注:ここに書いた方法は、あくまで一例です。使い方は自由に発想してみてください。

地域通貨の基礎知識コミュニティ・ボンドとはmoveってなに?moveの基本的な使い方  |
身近なグループから自発券と他発券商店の方へ | 企業の社会貢献に  |