HOME > プロジェクト > 地域通貨 > move

Loading
 

Multi Open Value Exchange System
(Value Exchange System that is Open to the Multidirectional)


move

6. 新発券と既発券

move券には、「新発券」と「既発券」があります。
「新発券」とは、最初に自分が振出したmove券のことです。
「既発券」は誰かが既に振出したmove券のことです。
「既発券」を有しているということは、既ににどこかで社会貢献をした証しとなります。
その人の信頼度は高まります。逆にいうと信頼度の高い人は「新発券」で受け入れてもらえるわけです。

社会貢献をしたことのある人にサービスを提供したい場合は、「既発券」を要求できます。
たとえば、「ベビーシッターを1時間10move(既発券)で引き受けます。」などと告知できます。

また、「既発券」の割合は、その人の社会貢献度や信頼度を現します。
たとえば、「ベビーシッターを1時間10move(既発券60%)で引き受けます。」となると、
6moveしか「既発券」をもたない人でもあとは「新発券」でいいということですから、
まだ、社会貢献度が6moveの人でも受け入れるということになります。
これは、受け入れる側の社会貢献に対する努力度をも意味します。

たとえば、普段地域に貢献できない状況にある人が、貢献度の高い人を受け入れることで、
同じ分だけの社会貢献をしたのと同じ行為なるわけです。
仕事などでなかなか地域に貢献できない店主などは,商品の価格の一部たとえば、
100円分を1move(既発券)で受け入れれば、 1moveの貢献をしたことに匹敵するわけです。

地域通貨の基礎知識コミュニティ・ボンドとはmoveってなに?moveの基本的な使い方  |
身近なグループから自発券と他発券商店の方へ | 企業の社会貢献に  |